スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンティック。

こんばんは、和室工房日誌始めます。

さて、前回までで、大雑把ですが、レザーカービング(シェリダンスタイル)の工程を載せてきました。
革の彫刻を知らない方に少しでも分かってもらえたら嬉しいですね。
へぇ~こんなのもあるんだ~みたいに。


では、アンティックを入れた後の画像を・・・・・・・・あれっ? どこいったかな???

・・・・・・・・あった、あった。汗

よっこいしょっと。
002_convert_20090918201440.jpg
どうでしょーか?
一か所だけ非常に気に入らない所があるんですよね~。
きっとカービングされる方には分かると思います。

このアンティックを入れる工程の前に、バックグランド(背景部分)に色を差すんですけど、僕は失敗した嫌な経験以来やってないです。
というか、アンティックだけのこの雰囲気が好きなのでやらないんですけどね。(ホント。笑)
刻印をしっかり打刻してあると、アンティックも背景部分にしっかりとたまってくれるんですよね。


全体はこんな感じ。
003_convert_20090918201536.jpg

かぁ~・・・・・やっぱりバスケットは目立ちますかね・・・・・・・
やれやれ・・・・・。




さて、このカービング作品がお財布になっていく訳です。

サドルレザーなどで作られたプレーンなお財布などは牛革をカットしてすぐに仕立てに入れますが、レ

ザーカービング(革の彫刻)の商品はこれらの工程を経てから仕立てに入るので、とても手間と時間が

かかります。

でも、手間と時間が掛かった分、素晴らしい作品になるのだと僕は思います。(一流の方の作品は。)

なので、その一流を目指してまだまだ頑張っていきますよ~!!!

今の所は、まだ楽しむだけのカービングの領域ですので。

でもこの<<楽しむ>>という気持ちは一生持ち続けて行きたいですね。(矛盾?笑)

以上、シェリダンスタイルの工程的なご紹介でした。

レザーカービングの作品などが高いワケ・・・・・一般の方に何となく理解してもらえたら嬉しいですね~。                                では!
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

l.c.ryu

Author:l.c.ryu
訪問していただきありがとうございます。
レザークラフトを中心とした記事を紹介していければ・・・と考えています。
その他にも面白ネタや思った事など書いていきたいと思います。

画像、デザインなどの著作権は、僕(Ryu)が所有しています。
無断での使用は禁止させていただきます。
Copyright of all published images are owned by Ryuichi Kimura. Unauthorized use of the images and designs of the works is forbidden.
I believe that there is still a code of ethics among Leather Craftsmen.

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
ブロとも一覧

■ ブログ名:革遊びのあれこれ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。